管理人Kの雑記


by romeotapping

プロフィールを見る
画像一覧

コメント投稿時は任意の削除用パスワードを入力してください。(1文字でも何でも、好きなパスワードでOK)


HP
夏組まにあくす

Kの投稿動画集
maniacs video

ギター動画はこちら↓
maniacs video G

以前の記事

2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
ライブ・バンド

画像一覧

<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ギターの話 #69

<maniacs video G>


なにげに続けているYouTubeの「ギター弾いてみた」投稿。

こちらのチャンネル総再生回数が先月、100万回突破しました!

ありがとうございます001.gif



そんな感じで今回は「弾いてみた」に関することを
ツラツラ書いていきたいと思います。





<現在の再生回数トップ3>



3位 タマシイレボリューション(12/27現在103,965回)

http://youtu.be/0txS9jkQuu0




2位 マルマルモリモリ(119,424回)

http://youtu.be/PU_22jYoVII




1位 マクロス ドッグファイター(123,852回)

http://youtu.be/GqRa2hJa6-Y


世界で視聴されている安定のドッグファイター001.gif







<各種反応>


おかげさまで見てくれた皆さんからコメントをもらえたり
評価を付けてもらえたり、動画を紹介してもらえたり、
色んな反応がすごくありがたいですね~001.gif


まあ一応ギターで曲を弾いてる動画なので、
演奏や選曲、編集についてのコメントがほとんどだけど
たまにそれ以外の事を尋ねられたりします↓



「アロハのブランド、どこですか?



「沖縄の人?



「昔、フュージョンをコピーしていたギタリストがいっぱいいた。

弾き方、服装、あなた、高中正義を意識してますよね?





・・・といったアロハ系。



完全な勘違いもあります↓



「○○さんの関係者ですか?



「プロの方ですか?



「あなたの正体を知りたいです。

演奏を見たいのでLive情報お待ちしてます





・・・過大評価系ですね003.gif


まあもちろんこういうのは人によって価値が変わるもので、
見る人が見れば「なんじゃこりゃ?」だし、
高評価が多いと低評価も多くなるし、
ケチが付くと誰かがフォローしてくれたり。



総じてYouTube内ではかなり優しい人達に囲まれてる訳ですが、

これが色んな場所での「動画紹介」となった場合。

素っ裸で外に放り出されたモノに対し、
服を着せてくれる人、笑う人、揉める人003.gifそれぞれおります。



ちなみに動画紹介現場には調べれば行ける時があるんですね。

ブログやSNS系で紹介される時は皆さん毛布を掛けて保護してくれます003.gif


ご存じの通り、おっかないのは掲示板系。

URLが載っかってるだけでヒヤッとしますね~。


ギター系の板で「ここはどう弾いてるんだ!?」という内容で
ケンカが起こってました。


俺に聞いてくれ003.gif




質問サイト系も例外ではないです。


「バカが質問してバカが答える」で有名な某サイトで見つけたQ&Aに
私Kの動画URLが載せられ、こんな質問がされていた↓



「Q.この人は上手いんでしょうか?下手なんでしょうか?

ちなみに私はイイと思います






コラコラコラッ

勝手に品評会に出すんじゃないよっ。


しかもあまりに頭の悪い質問だったこともあり、
1つもアンサーが付かずお蔵入りとなっていて余計悲しい。




そして再生回数が上がってきた時期に多くなった反応は

オマージュ、もしくはパクリ。


「Kさんのような動画編集やりたくて同じソフト買いました!


・・・みたいな。

こういうのは素直に嬉しいですね~001.gif



ただ自分の映像・音源を使用される事に対しては
どういう感情を抱いていいかちょっと微妙なんです。

自分がやってるのがそもそもカバーだし、半分は原曲音源使ってるし。

それがパクられたからって文句を言うのも筋違いだし。


簡単に実例を挙げると↓



▼二次創作的な感じで、何かしら加工して使用してる人


こういう人は結構元ネタを紹介してくれてます。



▼ダウンロードした動画をそのまま別アカでアップ


これはどこでもよくありますね。



そして、


▼動画の音だけを鳴らし、ギターの当て振りをしてる人




おいおい003.gif






<初コラボ>


まあそんな感じで駆け出しの頃は色んな反応に
一喜一憂することもありまして。

2012年は動画を気に入ってくれたコロンビアのギター弾き、
カルロス君からコラボの誘いが来ました。

コラボはいつかやってみたいと思ってたので
ちょっと話に乗ってみようかと。


VIPER - To Live Again (collaboration cover)



http://youtu.be/BEJQoSxQMnk



このカルロス君。

なかなかガツガツ行く男で、
動画をアーティスト本人に紹介したそうなんです。


私Kが好きだったブラジルのバンドVIPER・・・

ベーシストであり、メインソングライターであるピット・パシャレルから

な、なんと!感想が届いていた!


Pit Passarell

you are amazing i loved it thanks a lot from the botom of my heart but i just saw your necks kkkkkkk


イイねぇ。心から感謝するよ。まあキミらの顔は見えないけどな、ハハハ♪



(↑的確な訳が分かる方はぜひ!)






<最後に>


ライブ以外でギターを弾くのはこういうYouTube投稿だけなので
「練習の場」という意味合いもあります。

でもこないだ、弾き過ぎたのか?弾き方が悪かったのか?

左手首に痛みが!008.gif


普通ならすぐ治るのに、1ヶ月くらい痛かったので

使うフレーズを変えていく転機を感じましたねー。

きっとこういうパターンでプレイスタイルを変え、
オヤジギタリストになっていく人もいるんでしょう。




まあそれはイイとして、100万回の次の節目は・・・


1000万回 でしょうか003.gifムリムリ




今後やってみたい曲は、mazzyさんの曲。

これは本人から許可を得ております004.gif


あと、コラボもやりたいですねー。





ではでは!

三島から帰った後、今年中に日記書けるかな?

とりあえず2012年ありがとうございました!




 
[PR]
by romeotapping | 2012-12-27 22:28

夏組通信 '12.12月号 (最後に追記アリ)

c0064381_18441966.jpg




▼夏組、初の年末Live!




2012.12.30(sun)


afterBeat忘年会




-CAST-

夏組(出演1バンド目)

ギャミリズム

Jackson & MJN

町田バンド

etc...



Open18:00
Start19:00

事前予約
3500円
当日
4000円

Free Food


afterBeatのHP↓
http://afterbeat.tv/main/index.html




夏組第二のふるさと、afterBeatの忘年会に参加決定!

8月に続き、今年再び三島の地に降り立つ!











▼タイトルの変遷


ここ数年の夏組Liveは受動的、つまり
「呼ばれたらどこでも行きます!」の姿勢で行われていた。

しかし今回、久々に能動的な出演希望によるイベント参加。

これはリーダーkonyがメンバーへ「出てみないか?」と呼び掛けて
動き始めたものだった。



どちらにしても、そのライブをがんばる事には変わらないが
能動的に行われるイベントやライブにはタイトルが付けられる分、
「何を見せたいのか?」が如実に顕れる。


夏組が最後にタイトル付きのLiveを行ったのは・・・

当BLOGでの検索のため、定かではないが

おそらく2008年7月、RHEAでのライブ『バンド甲子園 夏物語』


2005年12月のafterBeatライブ『Kaichiサンタがやってくる』から
『バンド甲子園』までは台本を使用するネタがメインであり、
その経験を元に従来のスポットネタ重視のライブに戻る。



過去の資料に残っているタイトルを挙げてみよう。



『ホストクラ部 ニュー夏』
(2005.01.09 G-clef)


『横浜市立夏組学園高等部』
(2007.02.11 RHEA)


『ミスター密室殺人未遂事件』
(2007.05.19 CLOUD9)


『時代劇・アロハの金さん』
(2008.03.30 RHEA)


『もっと!夏組現象! ~二十代 最後の抵抗~』
(2003.7.27 IMU)


『もっと!夏組現象! THE LIVE 2 ~ライヴスペースIMUを封鎖せよ!』
(2003.9.14 IMU)


『OneNightCarnival 一夜祭 ~明日、俺たち沼津に旅立ちます~』
(2003.11.22 学祭)


『夏組のデスノート前編後編』
(2006.11.26-27 学祭)


『MR結婚式前年祭』
(2007.11.25 学祭)


『夏組のどこまでやるの? ~秋のナツロックフェスティバル~』
(2008学祭?)


『夏男、夏女、お祭りライブだ!わっしょいしょい!』
(2002 IMU)








<筆者Kのあとがき>


夏組のセットリスト・台本はもちろん、
こういったタイトルも全てkonyプロデュース。

上のタイトル一覧を見て、ふとハワイアンクラブの現役時代を思い出した。


あらためて書くと、大学で私K入学時の3年生がkony。

先輩達に色々教えてもらいながら皆でハワイアンのライブを作り上げていた。



12月の定期ライブの準備している時、

konyは手書きで案内用のポスターを作成。


通常、「中間発表会」「定期演奏会」など堅苦しい名称がタイトルに使われるが、

そのポスターに書かれたタイトルに私Kは反応せずにいられなかった。







(ライブタイトル)


「クリスマスだよ★ ハワイアン」








K「これ、ドラえもんの・・・



kony「そう!! よく分かったね~♪★






かわいさ重視で、さらりとパクるネーミングの感性。

上記タイトル一覧もきっとこの延長線上にある。




今回のLiveは久々の「タイトル付き」になるような・・・ならないような。








【追記】


早速リーダーがコメント欄に書き込んでくれました001.gif


今回のタイトルは・・・




「紅組白組夏組 ~ゆく年くる年歌合戦~」




・・・まさかの三つ巴003.gif


メンバーにも明かされていないその内容とは!?



乞うご期待です!

 
[PR]
by romeotapping | 2012-12-09 19:12

「中村勘三郎、逝く」

今朝テレビをつけるとニュース番組で
中村勘三郎さんの写真が大きく映されており、

一瞬、「あ、復帰のメドが立ったのかな?」と思ったんだけど…。

まさかの・・・。


今年4月のBLOGにも書きましたが
初めて平成中村座公演を観に行かせてもらいました。

これは勘三郎さんが病から復帰した公演だった訳ですが
終了直後、6月に再び病気療養。


誘ってくれたLeeさん、Fooちゃん、おかみさんと
8月に三島で再会した時も
感動をフラッシュバックさせつつ、

「(病を克服して)きっと戻ってくる!」と話し合ったりしてました。


本当、まさか・・・。


参照記事:「勉強させて頂きます #20」










若くして、志し半ばで亡くなる人に対して、

「イイ人ほど早く亡くなる」
「天才は早世する」
「生き急いだ」

など、色々な表現で語られることがある。



6月に病状を公表した時、私Kが思ったのは

「魂を削って作品に注入している」

という表現。


作品を作っている人というのはやはり
「魂を込めて」作り上げているので
命の長さも、込めた分だけ短くなると思う。

もちろん、逆に喜びや癒しなどで
寿命を延ばすこともあるでしょう。





大団円で幕が閉じ、
会場スタッフがお客さんの退場案内をし始め、
床に舞い落ちた大量の桜吹雪を掃除機で吸い込んでる中、

その場から動かず、余韻にずっと浸っていたほどの
感動を与えてくれた至高のエンターテインメント。


あそこまでのものを作るということ

どれだけの魂が注ぎ込まれていたか・・・




合掌



 
[PR]
by romeotapping | 2012-12-05 22:13