管理人Kの雑記


by romeotapping

プロフィールを見る
画像一覧

コメント投稿時は任意の削除用パスワードを入力してください。(1文字でも何でも、好きなパスワードでOK)


HP
夏組まにあくす

Kの投稿動画集
maniacs video

ギター動画はこちら↓
maniacs video G

以前の記事

2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
ライブ・バンド

画像一覧

<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

CM女王

TVで見ない日は無い、CM女王という存在。
今まで何人くらいその称号を授かった人がいるのか?
ちゃんとした表彰をされ、記録に残るのか?
よく分からんが、「ベッキー、新CM女王に!」とか「真央ちゃん、○社と契約、CM女王!」とか、その一時期の顔として何かと話題になる。


これは数ヶ月前から感じてる人も多いと思うけど、真矢みきさんのCM登場回数が半端じゃない。
ハーゲンダッツあたりから隠れたCM女王といった感じがある。

悠香のお茶石鹸のセリフなんてちょっと覚えてしまっているくらいだ。

「もうホント嬉しくて♪
初めてこれで洗顔した時ぃ、鏡見て、

・・・興奮したぁぁぁ♪」



その他、ピュオーラ、麺づくりなど、(真矢さんのプロフィールを調べてみたら)現在8社のCMに出演中だそうな。
なにもアイドルや若いタレント&女優だけがCM女王になるわけではなく、かつては三田佳子や中村玉緒といったベテランも称号を得ている。
もう「隠れた」CM女王ではなく、真のCM女王になる日は近いね。
[PR]
by romeotapping | 2009-10-28 00:38

OPPとIBS

『アメトーーク OPP芸人』の影響もあるのか?
最近、過敏性腸症候群(以下、IBS)のCMをよく見かけ、ネット記事にも書かれたりしている。
腸に問題があるわけでもないのに、腹痛や便秘になる疾患。
まあ私Kもイベントやライヴ前の緊張感・ワクワク感で必ずお腹が痛くなる『OPPギタリスト』なので、IBSという言葉はだいぶ前から知っていた。

この言葉を知る前は「単に、お腹が弱い」で片付けてたので、ちゃんとした名称があればいちいち説明する手間が省ける。

・・・かと思いきや。
以前、友人と腹痛の話をしてた時「(診察された訳ではないけど)俺ってたぶん過敏性腸症候群だね」と言ったら「は?何それ?何言ってんの?ただお腹が弱いだけでしょ?」という感じでまるで相手にされなかった。
こういう精神的な部分に問題のある疾病というのは他人からあまり認知・理解してもらえないのが弱点だ。

男の集団にいる時は「お腹が痛くてトイレに行く」事が笑いネタにできることが多い。
腹痛の苦しみや煩わしさを笑いに変換することで今までやりくりしてきたのだ。
それをバラエティに仕上げた『アメトーーク』の功績は素晴らしく、世の中にいるOPPの立場を向上させ、認知・理解を得ることに貢献した。(と、思われる)
『中学の時イケてない芸人』が、日本の放送文化に貢献した番組に贈られるギャラクシー賞を受賞したのもあり、「生きながらにして伝説」といえる名バラエティ番組の地位を確立している。
[PR]
by romeotapping | 2009-10-26 23:52

プロ野球2009 #23

セ・リーグCS 2ndステージ
第4戦<☆D 2-8 G☆☆☆☆>

パ・リーグCS 2ndステージ
第4戦<☆E 4-9 F☆☆☆☆>



双方1位チームが勝ち、日本シリーズのカードは<G-F>。


それにしてもパ・リーグの試合は後味が素晴らしかった。

おととい先発した岩隈がリリーフし、スレッジに3ランHRを浴びて勝ち負けはほぼ決定。
しかし岩隈やノムさんは「やり切ってこういう結果なら仕方ない」という感じで笑顔を見せた。

試合終了後、ロッカールームには帰らず歓喜を見届ける楽天ベンチ。
打たれた時は笑顔だった岩隈が涙を流していた。
我慢していた悔しさがこみ上げたのは当然だろう。
それに球団創設から支えてきて、超・弱小チームがノムさんの薫陶を受けてここまで来たわけだ。
きっといろんな思いが去来したハズ。

セレモニーの際にはベンチ前に整列。
日ハムの監督コーチ選手がレフトスタンドのファンに挨拶に向かうのと同時に楽天もライトスタンドの一角に陣取るファンの元へ向かう。
カメラもノムさんを追い続け、どちらが勝利したか分からないほど拍手が贈られている。

しばらくして梨田監督が駆け寄ってきて、今シーズンで退団するノムさんに挨拶をする。

勝者は敗者に敬意を払い、讃える。
これがスポーツってもんだ。

日ハムナインも続々と集まり、野村ID野球:ヤクルト時代の教え子、稲葉が楽天の輪の中心に入って胴上げの音頭をとる。
清原が引退する年にオリックス&西武ナインから胴上げしてもらったように、楽天&日ハムの選手達に胴上げされるノムさん。
そして両チームが入り乱れてお互いの健闘を讃え合う。

今まで野球を観てきた中で、これほど爽やかなスポーツマンシップに感動させられたことはなかった。
ホントに「野球が好きで良かった」と思える、涙の名シーン。


その直後に行われたセ・リーグ、ナイトゲーム。

先日赤ちゃんが産まれた谷の満塁ホームランでDを大きく引き離し、試合を決定付ける。
東野がマウンドを降りてからは越智、豊田、山口、クルーンと、Gを象徴するリリーフ陣が完璧に抑えて勝利。

まあDの監督さんは相変わらず。
試合終了の瞬間、サクッと姿を消した。
Dも「功労者・立浪、最後の試合」なのでファンに挨拶に行っても良かったハズだけど・・・。



ファンに顔向けできない敗者と、堂々と胸を張れる敗者。
ハッキリ分かれた2試合だった。
[PR]
by romeotapping | 2009-10-25 00:21

プロ野球2009 #22

セ・リーグCS 2ndステージ
第3戦<☆D 4-5 G☆☆☆>

パ・リーグCS 2ndステージ
第3戦<☆E 3-2 F☆☆☆>



さすがマー君!

Gも勝利し、両方とも対戦成績3-1で1位チームの王手状態。


しかし今日のGの逆転劇は最高だったね。
2点ビハインドで登場した豊田が流れを引き寄せるピッチングを見せ、次の攻撃で打撃陣が応える。
脇谷の代打初球逆転タイムリーの時ゃぁ、吠えたよ俺は。

ビシッと的中した原采配だけど、私K的な見所としては越智を6回<2-2>の同点で投げさせた場面。
昨日HRを打たれてる打者に合せてマウンドに送り、リベンジをさせて悪いイメージを拭わせようとするあたりは温情があるなー、と。(結局ランナー出したけど...)

Dも荒木のスライディング&好守備などプロの超高等テクを見せつけ、スゴくイイ戦いだった。
CSも佳境に入り、日本シリーズへ向けてだんだん「らしく」なってきた。
[PR]
by romeotapping | 2009-10-23 22:49

プロ野球2009 #21

セ・リーグCS 2ndステージ
第2戦<D 4-6 G>

パ・リーグCS 2ndステージ
第2戦<E 1-3 F>



パ・リーグはこれで3-0となり、日ハム王手。
うーん、楽天キビシイ。
ワイルドシング、マー君が一矢報いて逆転の可能性をつなぎ止めるか!?


日ハムみたいに、第1戦で目覚めればよかったけどGも本来の形ができて勝利。
ヒーローインタヴューは大道、古城、シンノスケ。
だけどシーズン中、あれほどチェンに抑えられてた小笠原が<2-0>のビハインドでタイムリーを打ち、1点返したのが一番デカかったと思う。

短期決戦ではシーズン中の成績や相性なんかはあまり関係ないのだ。

去年、大事なところで打たれてしまい、雪辱としてポストシーズンに臨んでいる越智。
今日は軽く打たれて交代。
また嫌なイメージを持たないとイイけど・・・。
[PR]
by romeotapping | 2009-10-22 23:46

プロ野球2009 #20

セ・リーグCS 2ndステージ
第1戦<D 7-2 G>

パ・リーグCS 2ndステージ
第1戦<E 8-9x F>



このブログ記事はパ・リーグの試合が終わる前、楽天が勝つ体で途中まで書いていた。

“両方とも1stを通過して勢いに乗った2位チームの勝利で1位チームのアドバンテージを打ち消した”

...みたいな感じで。

しかし!
日ハム、9回に奇跡の逆転満塁サヨナラホームラン!

やはり野球は最後まで何が起こるかわからない・・・。


というわけで、寂しくセ・リーグ。

勝ち星を計算できるゴンザレスがいきなり打たれたのは、Gにとってかなり計算外の事故。
実戦から離れていたGはこれで目が覚めるだろう・・・と思いきや、そのままズルズル敗戦。
アドバンテージのおかげでゼロから仕切り直せるけど、毎度ながらさすがにDは嫌なチームだ。

GもDもお互いの先発が読めない中での戦い。
これは第6戦までもつれるか!?
[PR]
by romeotapping | 2009-10-21 22:18

プロ野球2009 #19

セ・リーグCS 1stステージ
第2戦<S 2-3 D>
第3戦<S 4-7 D>



やはり第2戦で決められなかったSが敗退。
怪我やインフルエンザの影響で戦力ダウンしてたみたいだけど、試合を見た限り、たとえその影響が無かったとしても戦力差はかなり離れていたように思える。
Sを悪く言う訳ではないが、Dが勝ち進んできて2ndステージに厳しい戦いをする方が日本シリーズに向けて乗っていけるというもんだ。
その自負はきっとDにもあるはず。

今回セ・リーグの3位争いが盛り上がってたみたいだけどSをはじめ、TもCもポストシーズンを戦えるチーム状態ではなく、どこがきても同じ結果になっていた可能性がある。
まだまだ問題点のあるCSのシステムは3位のチームが日本一になるまで変わらないかも。


明日から2ndステージ!
[PR]
by romeotapping | 2009-10-20 23:07

プロ野球2009 #18

パ・リーグCS 1stステージ
第1戦<H 4-11 E>
第2戦<H 1-4 E>

セ・リーグCS 1stステージ
第1戦<S 3-2 D>



ソフトバンクが不甲斐なさ過ぎるというのもあるけど、楽天が勢いそのままに2連勝で2ndステージ進出。

第1戦の試合前、ノムさんが「みんなと一試合でも多く戦いたい・・・絶対勝とう!」と、涙を流して檄を飛ばしたエピソード。
「勝ち進んで、今まで応援してくれたファンに恩返しがしたい」というコメントがフィーチャーされたり。
ここに来て「ぼやく古狸」から「好々爺」のイメージになってきている。(人のイメージなんて報道のされ方次第なのだ)

試合終了後、球場でファンに向かって挨拶をしてグラウンドを一周する。
TVカメラもノムさんの正面を位置取って表情を写している。
自らを「月見草」と評したノムさんが、傾きかけた太陽と共に映し出され、まばゆい光に包まれた映像は何とも印象的だった。


しかしホントにこのまま勝ち進んで日本シリーズ進出したら映画『メジャーリーグ』みたいに盛り上がるだろうねー。
「心無いオーナーへの反発」という点では少し似てる。
チャーリー・シーンはマー君



セ・リーグは、とりあえずS勝利。
明日は吉見と館山で投手戦が予想されるけど、Sとしては明日決めないと厳しいか!?
先発のコマ数から言えば、第3戦になったらD有利って気がする。

まあ戦前予想は当たらないのが普通で、予想外の展開が起こるからこそ面白いのだ。
[PR]
by romeotapping | 2009-10-17 23:22

プロ野球2009 #17

16日からパ・リーグ、17日からセ・リーグのクライマックスシリーズがスタート!

楽天は監督を契約通りに解任したけど、「CSの前にクビを宣告されても...」と反発を招いている。
監督の気持ちが折れるか?やけくそに勝ち進むか?
それに対して秋山監督と手練れのソフトバンクナインが古狸とどう対峙するか?

短期決戦の戦い方をよく知る二人の監督。
だけどノムさんは久しぶりのポストシーズンで選手の中には初めてのCSという人が多い。
そして秋山監督は選手時代は常勝軍団に身を置いていたけど、監督として初。

楽天がホームの優位性を生かせるかどうか!?ってとこかな?
いきなりイイ戦いになりそう。


セ・リーグは、まずDとS。
Gとしてはどちらにも大きく勝ち越してるので、どっちが勝った方がイイかは分からない。
ただ、11勝11敗2分と完全に五分の対戦成績であるTがクライマックスに進出して来なかったのは良かった。
[PR]
by romeotapping | 2009-10-16 00:46

BURRN!誌 創刊25周年 #6

読者人気投票の話のつづき。


25年の歴代チャンピオン一覧から、自分のメタル熱が冷めた時期が分かる。
チャンピオンに選ばれたアルバムと自分の評価が完全にズレた年。

'99年
▼アルバム
ドリームシアター「メトロポリス pt-2」

'92年のアルバム以降、大人気バンドとなり、熱心に聴いていたドリームシアターだったけどこのアルバムはどうも気に入らず、何回聴いても良さが伝わってこなかった。
所々にカッコイイ部分はある、以外にコメントが見つからない。
しかし、周りの評価の高さとBURRN!人気投票チャンピオン。

これだけが理由じゃないけど、この辺からメタルの主流には興味が無くなった。

ただ、好きなやつだけ聴いていればイイ。
北欧のメロディックデスメタルくらいでイイ、と。

当時はSEX MACHINEGUNSが熱くて、その後しばらく日本のイロモノ(?)ロックバンドの方に興味が向いていた。(氣志團、陰陽座など愛聴)





さて、先月からBURRN!25周年ということで勝手に小盛り上がりを見せてきましたが。
ダラッとしてきたのでそろそろ終わりにします

「熱が冷めた」というのは全く聴かなくなることではなく、要するに「探求心が無くなった」ということ。
周りのメタル好きにもよく話すんだけど、「常に情報を入手したり、新しいムーブメントに傾倒したり、未知のバンドを発掘したり、っていう気が起こらない」だけ。
メタル熱が冷めようが、やっぱり根本的に好きなものは好きなのだ。
#5の最後に書いたように「卒業する」なんてことは無いと思う。

特集の『'84-'09アルバム200選』の中にはまだまだ聴いてみたいものがいっぱいあったので、これを参考にしてこれからもHM/HRを聴き続けようと思います。


まあ卒業できず、ずっと留年してる感じだね。
[PR]
by romeotapping | 2009-10-12 00:21