管理人Kの雑記


by romeotapping

プロフィールを見る
画像一覧

コメント投稿時は任意の削除用パスワードを入力してください。(1文字でも何でも、好きなパスワードでOK)


HP
夏組まにあくす

Kの投稿動画集
maniacs video

ギター動画はこちら↓
maniacs video G

以前の記事

2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
ライブ・バンド

画像一覧

<   2009年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

コンフェデ2009 #2

決勝
<ブラジル 3-2 アメリカ>



前半終了時点でアメリカが2点リード!

先日のBLOGに「いずれアメリカが世界一になる」という明石家さんま見解を載せ、アメリカの戦いぶりに注目していたが・・・。

これはもしかしたら大変な事が起こってしまうのでは!?

と、本気で期待していた。


まあ結果的に言って、サッカー中堅国が国際大会決勝で王国・ブラジルに勝って優勝なんてストーリーは許されるものではなかった。

後半開始直後に軽〜く1点返したかと思えば、2点目、3点目と、最初から3-2で勝つと仕組まれていたかのよう順調に得点し、逆転勝利してしまった。


アメリカが列強の仲間入りするかどうかは本大会次第だけど、(日本が目指す)世界を驚かせるってことは完全に達成したね。
[PR]
by romeotapping | 2009-06-30 00:12

MJ

やっぱ今日はこのこと書かないと。

ていうか、いまだに信じられないね。

マイケルは健康体では無かったわけだけど、そもそも人間という概念すら超越してる気がするので「そんなスーパーな存在が消えて無くなるなんて信じられない」という感じ。
神というか、機械というか・・・『未来のエンターテインメントの世界から、現世に送り込まれてきたターミネーター』みたいな。



以下、妄想。


予定されていたロンドン公演はキャンセルされず、行われることに!

追悼フィルムコンサートに変更

在りし日のMJを忍び、ライヴ映像やPVが流される

フィルムの中で躍動するマイケル

手を振り、声援を送る観客

呼応するかのよう、さらに躍動感を増したマイケルはフィルム内で軽快にステップを踏みながら徐々に近付いてくる

観客の興奮もMAXになったその瞬間

画面からマイケルがズルズルと抜け出てきて一言、



「パァォッ!!!」



マイケルは生きていたのだ!!



以上、妄想。



・・・でもこれくらいはやりそうじゃない?
[PR]
by romeotapping | 2009-06-27 00:23

コンフェデ2009

準決勝
<スペイン 0-2 アメリカ>



結果が分ってても、ゲーム内容を分析されてても見たい試合、地上波で観戦中

連勝記録を更新中の無敵艦隊スペインと奇跡のグループリーグ突破で勢いづくアメリカの対決。

スペインは点が入りそうな流れを多く作っていて、結果が分ってるのに「あ、これは入るなー」なんて思っちゃうような展開ばかり。
そのチャンスをことごとく潰すアメリカのディフェンス。
相手にちゃんとした形で打たせてない。

現在1-0、これからさらに1点入れるのか・・・。
そしてこれだけ攻めてるスペインが1点も入れられないのか・・・。



TVのサッカー番組で明石家さんまが「僕はアメリカのサッカーがいずれ世界一になると思ってますから」と、かなり前から言っている。

サッカーにあまり関心の無い国民とは裏腹に、国際大会ではそれなりに活躍するアメリカ。
このコンフェデ2009→W杯2010で世界に覇を唱えるのか!?
・・・それは大げさとしても、その布石となるような大会になるか!?だね。



あ、もう1点入った
[PR]
by romeotapping | 2009-06-26 02:23

脳細胞は20代から減り始める...

たまに病院行くと見かける、待合室でのおじいちゃん同士の定番会話、『病気自慢』。

「いやー!こないだヒザやっちゃってよぉ!」

「俺もこないだ孫をおんぶしたら腰ダメにしちまったい...」

「うんにゃ!俺なんか残尿感が酷くてたまんねぇよ!」

このような腰、膝、首の痛みに始まり、内蔵疾患、血圧など様々な症状を披露していき、みんなでコミュニケーションをとる。
そして上の例のように、病気ジャンルの流れを無視した人の登場で会話が収束することも多い。

私Kは病院の待合室で新聞読むふりして会話に聞き耳を立てている。
結構好きなのである。





おじいちゃんの病気自慢に対して、30〜40代の会話で見かけるのは『物忘れ自慢』。

「いやー!最近、人の名前とかが思い出せなくてさー!」

まあこれは私Kもよく言うセリフだが、「こんなこと言ってしまうようになるなんて、俺も年を取ったな・・・フッ」という感慨も含まれていると思う。たぶん。

陽気に話してはいるけれど、その物忘れ具合はなかなかのレベル。
思い出したいその言葉を取り巻く情報はスラスラ言えるのにその言葉だけスッポリ抜けるパターン。
思い出そうとすればするほど深みにはまり、勝手に自身喪失。
大抵は数分後にパッと思い出し、時には数時間後〜翌日に記憶がひょっこりよみがえったりする。

もちろん急を要する時はさっさと調べるが、苦悩の先に自らの記憶の力で思い出す、ある種のカタルシスが好きなのかもしれない。


ちなみに最近の物忘れを挙げると、『鳥居みゆき』が思い出せなかった。
あまり馴染みの無い人の名を忘れてもショックでも何でもないけど、完全に頭にインプットされてる人の名前を忘れ、自分にショックを受けるからこそ誰かに伝えたくなるのだ。
そう、これぞ『物忘れ自慢』。

「ホラ、あの、白いパジャマ着てクドいメイクして、サンミュージックのお笑い芸人、誰だっけ!?・・・増子なるみ?」

『ましこなるみ』という、どこから来たのか全くわからない名前が浮かんでしまってからは『ましこなるみ』が頭から離れなくなり、しばらく苦悩に暮れた。


そして先日のコンフェデ、<イタリア vs ブラジル>の試合前。
整列するイタリアのメンバーを順番に映していき、MFの『ピルロ』が映った。
普通に知っている選手だが、またもや「...あれ?名前何だっけ?」。

浮かんだ名前は『タスポ』・・・。

おそらく「名前は3文字で、半濁音が入っている」という語感の記憶からこの言葉を検索したのだろう、俺の脳は。
いくら思い出そうとしても『タスポ』が頭から離れなくなったのは先に同じ。

でもまさかイタリアが3-0で負けるとはねー。(関係無いけど)
[PR]
by romeotapping | 2009-06-24 01:28

プロ野球2009 #7

セパ交流戦
6.20 <G 5-2 M>



残す所1カード。

松井の55番を受け継ぐ男、大田が1軍に!
いつかはクリーンナップを坂本と共に打つであろう選手。
21日の交流戦最終戦で試しに先発させてほしいね。



c0064381_103379.jpg←野球 with ビール

限定醸造モルツ・ザ・ビター

ホントの「ビター」は樽に詰められてるのかな?
飲んだこと無いので何とも比較できないんだけど。

普通のモルツの味に、少し酸味と苦味のある香りを足した感じ。

[PR]
by romeotapping | 2009-06-21 01:24

W杯2010 アジア最終予選 #3

6.10 <日本 1-1 カタール>
6.17 <日本 1-2 オーストラリア>



疲弊しまくるも、W杯出場を決めたウズベキ戦。
その後2試合・・・何とも言い難い展開で最終予選終了。
結局オージーには負けてしまい、2位通過となった。

最終戦を迎えるにあたって日本は「勝って1位通過!ベスト4狙うならそれくらいやれ!」てな感じで観られ、オージーは「試合巧者だかなんだか知らんけど、もっと点取りいく面白いサッカーしろ!」と世論にプレッシャーをかけられた。

双方の選手・監督とも「勝つサッカーをやる」と宣言したけど、お互いレギュラーメンバーを多少落とした1.5軍という構成だし、どうせスコアレスドローみたいな展開になるんじゃねーの?って感じで観ていた。
一応、周囲への体面として意気込みある宣言を出しておいて、本音は「まあお互い怪我しないようにやりましょうや」的な。

試合始まってしばらくは予想通りヌルい展開に終始したけど、闘莉王が決めてから急に見方が変わる。
見てる方は勝手なもんで1点リードした途端、コロッと完全粉砕期待の方向へ気持ちがシフトする。
ここまで無失点のGKシュウォーツァーから得点を奪ったのも拍車をかけた。

そしたらまあ完全粉砕どころか'06W杯を見事に完全再現。
時を越えてあの破滅的絶望感を味わせてくれるとは・・・。
結果的に日本代表はただオーストラリアのファンを喜ばせるため、ピム監督の評価を上げるため、チームを盛り上げるための『ダシ』としか言い様がなかった。

'06W杯後のBLOGに「代表、暗黒時代到来の予感」と書いた。
「'10はアジア枠も減らされるだろうし、もしかしたら予選通過も危ないんじゃない!?」とか思ったけど、枠は減らされずに今まで通り4.5枠でちょっと驚き。
そしてたまたま楽な組に入ったから早い段階で予選通過できた。
もしグループ2だったらどうなっていたことか・・・。

そういやグループ2は韓国と北朝鮮が出場決定したね。
東アジア3国とオーストラリア。
他国の選手を続々と帰化させ、強化に力を入れていた中東諸国が順当には勝ち進めなかったのが皮肉。
(両グループ3位のサウジ、バーレーンが対決し、勝った方がオセアニアとの大陸間プレーオフに臨む)


「ベスト4を狙う」と息巻く日本。
どんな目標設定しても絶対あーだこーだ言われるんだからいっそ「優勝を狙う」くらい言って笑われてる方がいいんじゃないかなぁ?
相手はどこであれ、当面の目標はグループリーグ突破なわけだし・・・。
[PR]
by romeotapping | 2009-06-19 01:12

舞台を観てたら・・・コラコラコラッ!

『ゼブラ』に招待してもらったのでちゃっかり行ってきました
今まで学校行事以外で演劇を観たことは無かったんだけど、キャストに知ってる人が多かったので入り易さがあったね。

4姉妹を中心に進められる家族ドラマ。
俺はこの舞台、次女役の壇れいさんが病気降番したニュースで知ったんだよなー。
壇れいさんはちょっと見たかったけど、代役となった星野真理をはじめ、斉藤由貴、しずちゃん(南海)、大沢あかね、矢部太郎(カラテカ)といったTVでお馴染みの俳優・タレントばかり。
舞台初心者&ソフトミーハーのK君にとってはありがたい!

あと入江雅人が出てたのも「お!」って感じ。
『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』は超見てたしね♪



さて、

前から7列目というかなりイイ場所を取ってもらい、最初は緊張しながら観てた私Kですが慣れてきてからはずっと大ウケ
同時にホームドラマを生の迫力で観る贅沢さも味わっていたのでありました。

物語は佳境に進んでいき、4姉妹の母親が亡くなる、しんみりしたシーン。




ここで事件が起こった。




後ろの席に座るマダムが携帯の電源を切らず、バッグの中で着信音が流れてしまった。


電車や映画館では誰しもこういう場面によく遭遇するでしょう。
年輩の方々の携帯マナー違反はやたらデカい声で通話したり、大音量の着信音を鳴り響かせてしまって慌てふためいたり、操作法を分かってないがゆえに起こるものが多い。
大音量の着信音を鳴り響かせてしまう人がマヌケな曲を設定していると、さらなる恥ずかしさで責め立てられることになる。


後ろのマダムはどうか?
静かで大事なシーン、早く切らないと!



マダム「やだ、ごめんなさい・・・鳴っちゃってる...あら、やだ...(コソコソ)



慌てふためくマダム。
バッグの中で鳴っているので最初は何の曲か聞き取れなかった。
しかし、恐ろしいことに前奏から歌に移ると曲の全貌が明らかになった。




♪・・・ニョポーニョポニョ・・・




あぁぁ・・・。
頼むから早く切ってくれー・・・。
(ひとごとなのに針のむしろ)



マダム「やだ、ちょっと、ごめんなさい...。さっき電源切ったと思ったんだけど・・・(コソコソ)



いやいやいや!そういう独り言はいいから早く切って!!!

願いは通じず、さらに慌てるマダム。
周辺のお客さんの耳は一斉にその着信音に傾いてしまい、劇に集中できない。
浴びせられる冷やかな視線が痛い。
そしてマダムがバッグから携帯を取り出した瞬間、劇場全体が凍り付いた。




♪...い海からやってきた ポーニョ(取り出す!)



ポーニョポニョふくらんだ♪





コラコラコラコラッ!!!


あぁぁ・・・悪夢だ・・・。

そう、笑いや感動に変換できるハプニングは奇跡。
変換できないハプニングは悪夢なんだよぉ。

まだ切れないし・・・まだポニョポニョ言わせてるし・・・。

演者にも聴こえてるよ・・・。

その時だけセリフ回しに違和感があったもん・・・。




ポーニョポーニョポ...(ピッ!)




死ぬ思いで着信を切ったマダムは言った。




マダム「や、ちょ、も、ごめんなさぁい...




客席、ステージ、劇場内に水をうったような静けさが広がる。(おそらく殺気)


次の矢部太郎のセリフまでの「ミョーな間」が脳裏に刻まれた・・・。






そんな感じで。
笑いとヒューマンと緊張と悪夢と、色々詰まった観劇体験でした
[PR]
by romeotapping | 2009-06-17 01:10

プロ野球2009 #6

セパ交流戦
6.14 <G 1-5 H>



G、3連敗
特に今日の負け方はホントに悪かったなー。

これから投手交代の場面で苦しむよ。
クルーンが手術でしばらく戦列を離れ、マイケルは相変わらず調子出ず。
山口でさえ、らしくなく打たれたし。

打線も良いピッチャーが出てきたら打てないのはしょうがないけど、いつも好投してるのに勝ちが付かない東野が気の毒だね。

次は好調Lと。
[PR]
by romeotapping | 2009-06-14 21:22

夏まにあ・メンバーページを更新! #3

こんばんは
メンバーページ更新終了!
一応アンケートを施行した者の義務として総評など書いてみます。


「このアンケート回答をもってメンバー紹介と替えさせていただきます」的な企画で、質問内容はともかく、メンバーの生の声をHPに反映できたことは良かったんじゃないかなと思ってます。

「素材の良さを活かすためのシンプルな質問」というのもポイント。
元々おもしろい人達には「笑える回答を引き出すためのおもしろい質問」は要らない。
フリーな回答をお願いしたのでそれぞれの個性が...。
ただ、大半のメンバーには昼間のシラフ時にササッと記入してもらったので割と理性的

そして先日eriからもコメントをもらった「かぶり」。
夏組みたいに、長く続くコミュニティ(?)というのは各メンバーがバランスをとる能力に長けている。
もし一人ずつアンケートを採り、他の人の回答が分かった上でやっていたらきっと秩序ある結果になっていたと思う。
なるべくかぶらせないようにしたり、巧く拾ってかぶらせることで面白さを出したり。
今回は偶発的なかぶりを見てみたかったので全然OKです♪
もちろん公平さを保つため、作成者Kのアンケートは一番最初に書いてあります。


では項目をピックアップ。


▽血液型

夏組周り(主にMR発信)でよく話題にあがる。
本部とMiyuki以外、歴代バンドメンバー全員O型ということ。


▽夏組での役回り

ここに自らの呼び名を書いた二人。
おかみさんは実際「おかみさん」なので問題無いけど、「MR」と書いたMRはスゴい。

音楽アルバムのジャケット最後に記載される「プロデューサー:△△、ギター:○○」みたいなクレジットあるよね?
ジョン・カロドナーという高名な音楽プロデューサーは手掛けたアルバムに「ジョン・カロドナー:ジョン・カロドナー」と2回続けて記載させる。
普通は「プロデューサー:ジョン・カロドナー」とクレジットされるところを、「俺の仕事は俺にしかできないんだよ!オラッ!!」という理由でプロデューサーという言葉を使わず自らの名を当てているのだ。

うーん、まさにこれと同じ!
「MRの仕事はMRにしかできない!」


そして、Miyukiの「癒し系」・・・


・・・オラッ!!!


▽好きな生きもの

MRが書いた「まな板の上の鯉」。
広辞苑では「まな板の上の鯉が料理されるのをただ待つしかないように、相手のなすがままで逃げ場のない境遇をいう」とある。
自分をそこに投影させているとしたら、これはとんでもない「ドM宣言」ととらえてよいのだろうか?


▽好きな色

ページにも書いたけど、ここが一番興味深かった項目。
アンケート作成前に私Kが読んでた『色の秘密(最新色彩学入門)』という本に「好む色で分かる基本的性格」という章があった。
まあ血液型による性格診断みたいに長所・短所・特徴などの傾向が書いてあるんだけど、種類が多く、根拠もあるのでかなり面白い。
おそらくこのテに詳しい人は多いでしょうが、また今度機会があればまとめて書いてみたいと思います。


▽好きな季節

ちょっとわざとらしい項目
メンバーだったらそりゃ夏って書くよねぇ。


▽好きな夏組の曲

夏組Liveに来てくれた人みんなに聞いてみたい質問だね♪
ギンギラ関連、本部の一人芝居など、やはり夏組の核である本部&MRがらみの票が集まった。
M松が書いた「スリラー」は、マイケル・ジャクソンのBGMに合わせてダンスを繰り広げたMRによるモンスターオペラ。

miyukiが書いた「ひろみごーの時のコニーの掛け合い」もイイね♪
スタジオリハ中の掛け合いは特にメンバー人気高し!
リハで爆笑フレーズが飛び交い、メンバーも涙流してウケてるのに本番ではほとんど封印。
ライヴ後、メンバーが本部に問うと・・・

「だって忘れちゃうんだモン」


▽ライヴで個人的にどう思われたい?(メンバーのみ)

一応ここがメインとなる質問です。
ステージに上がる以上、お客さんへの意識は当たり前。
ただ、個人として狙うキャラクターはそれぞれ違ったものがあるハズなのでそこを調査しました。

「こんなの初めて!」が意外に人気


▽『家庭の夫』ではなく、『夏組メンバーとしての夫』に一言(奥様のみ)

やや突っ込んだ質問。
どんな回答が飛び出すかとドキドキしたけど二人共あえて手厳しいことを書くあたりはさすが




アンケートは項目が多過ぎると最後の方、飽きてきて回答が散漫になったりブレたりするので少なめが一番。
また新たな項目を付け足すつもりで簡単なアンケートにしました。

ではでは!
みなさんのコメントお待ちしてます!
[PR]
by romeotapping | 2009-06-12 23:27

じみへんとおねます

TVの中の気になる曲。


スバルのCMにジミ・ヘンドリックスの"Crosstown Traffic"が使われている。
この曲はジミヘンで一番好きな曲

ジミへンの曲は若い頃ほとんど聴いてなかったんだけど、大人になってから「イイな...」と思うようになってきたね。
さっきもベストを聴き返してて、有名な曲以外にもカッコイイ曲を再発見できたりする。


そして、ジャンルは全く違うんだけど・・・

今、一番(頭の中で)ヘビーローテーションの曲。


♪バーナナバナナマーンゴマンゴ
バーナナバナナマーンゴマンゴ
ハーイスクール!ハーイスクール!♪



おねマス。

俺の周りで話題にあがったのは1回(1人)だけなんだけど、録画して奥さんの居ない間にこっそり見ているお父さんも多いとか。

芸人人気は確実に高い!!
[PR]
by romeotapping | 2009-06-12 00:23