「ほっ」と。キャンペーン


管理人Kの雑記


by romeotapping

プロフィールを見る
画像一覧

コメント投稿時は任意の削除用パスワードを入力してください。(1文字でも何でも、好きなパスワードでOK)


HP
夏組まにあくす

Kの投稿動画集
maniacs video

ギター動画はこちら↓
maniacs video G

以前の記事

2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
ライブ・バンド

画像一覧

<   2009年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

WBC2009 #2

<日本代表メンバー決定>


投手(13)

ダル
馬原
マー君
涌井
松坂
岩田
岩隈
藤川
内海
小松
渡辺俊介
山口
杉内


捕手(3)

城島
シンノスケ
石原


内野手(6)

中島
片岡
岩村
小笠原
村田
川崎ムネ


外野手(6)

福留
青木
内川
亀井
稲葉
イチロー


以上、28選手。

これは発表日である25日以前に決まってた訳だけど、和田が外れたことへの驚きが報じられるくらいで特に大きなサプライズは無かった。
もし左投手が打たれて試合結果に影響を及ぼすようなことが起こったら「何で和田を外したんだ!!」とかいって批難されるかもね。
まあ「現時点では岩田、内海、杉内の方がコンディションがイイ」という判断なのでしょう・・・。

当確ライン上にいたG亀井が残ったのは原監督の「育てたい」という親心か。(ただ、高代コーチにはホントに実力を買われているようだ)

巨人・オーストラリアとの練習試合で気になったのはダルと2番打者とレフト。

ダルはもちろん球のすっぽ抜け。

2番打者が中島っていうのはホントに気に入らないんだよね。
初回ノーアウトで1番青木が出塁、そして中島。
強打が魅力の中島ならばヒッティングでいかせたいがダブルプレーの危険性が高いし、現にそのシーンはあった。
2アウトで3番イチローに回すのがとにかくつまらない。

2番に強攻させるチームの宿命といえばそれまでだけど、必ず中島にバントをさせなきゃいけないシーンが訪れる。
前回のWBCでも日本の強打者のバント失敗がかなり目立った。

そこで中島の控えに回っていた川崎ムネリンの活躍が増えるのでは?と思う。
右・左で中島・ムネを代えるだけでなく、シビアな戦いになればなるほどいろいろ小技を使える選手が必要だ。
守備固めの時はサード村田に代わって出てくるだろうし。
あの北京の悔しさもあるだろうし。

そして、レフトねぇ・・・。
前回は多村がファインプレーを見せていたが、北京では守備不得意の選手にやらせてあのザマ・・・。
しっかしあの北京は「ベンチがアホで野球がでけへん!!byエモヤン」状態だったね。
いまさら言うこともないけどさ。

青木か稲葉か内川か。
クレバーな守備の稲葉がイイかなー、と。
青木はセンターで。
福留は代打要員でイイよ。



結局、俗っぽく机上の選手起用ボヤキを書いてしまう。
[PR]
by romeotapping | 2009-02-27 00:53

road to wedding #2

こないだmixiのマジーさん日記を見てラヴドラ始動を知り、嬉しさと期待感でひとりニヤニヤしながらPCに向かっていたK君。
ここ10年くらいは本部と大将の結婚式二次会でしか観てないのかな?
楽しみーemoticon-0125-mmm.gif


「不動のラヴドラ」に対し、「不惑の夏組」は普段通りの流れ!?

MRと曲のアレンジについて連絡取り合ってた時も最終的には新郎MRの一言、

「ま、なんとなくでイイんじゃない?あとはスタジオでテキトーに(^o^)」

これで決まり。

新郎であれば、「あそこはあーしてこーして...」と他メンバーに色々注文を出してもイイと思うのだが・・・さすがMR。
[PR]
by romeotapping | 2009-02-23 00:31

WBC2009 #1

あと2週間と迫ったWBC2009。
日程表を見ながら、軽く第一ラウンドの進み方をおさらいしてみます。
(書いといた方が自分の理解が深まるので)


第一ラウンドA組(日本、中国、台湾、韓国)
ダブルエリミネーション方式


3/5
Game1<日本 vs 中国>

3/6
Game2<台湾 vs 韓国>

3/7
Game3<G1の敗者 vs G2の敗者>

3/7
Game4<G1の勝者 vs G2の勝者>

3/8
Game5<G3の勝者 vs G4の敗者>

3/9
Game6<G4の勝者 vs G5の勝者>


・・・と、東京ドームで5日間開催。
4チーム中、2チームが第2ラウンドへ進める。
ダブルエリミネーション方式というのは「2回負けたら敗退」という、敗者復活強化型トーナメントのような方式。

試しに流れを仮想してみると、

まずG1<日本 vs 中国>は日本が勝つとする。
同様にG2は韓国が勝つとする。

G3は仮想負けの中国と台湾が対決、ここで負けると前述「2回負けたら敗退」のルールにより、おしまい。
中国敗退の仮想でいきますか...。

G4は仮想勝ち同士の日本と韓国が対決、ここで勝てば第2ラウンド進出決定。
希望を込めて日本勝利の仮想で...。

G5はG3仮想勝ちの台湾とG4仮想負けの韓国が対決。
1勝1敗同士の対決なので、負けた方は「2回負け」で敗退。
勝てば第2ラウンド進出決定。
韓国勝利の仮想で...。

第2ラウンド進出決定チーム同士のG6は要するに1、2位決定戦。



2006年のWBCを微ネタBLOGで振り返ると、やはりあのアメリカ戦をターニングポイントとしたドラマを思い出すね。
もうちょっとまともな観戦レポート書いときゃ良かったけど...。
でもやっぱり最後の勝利があったからこそ「最高のドラマ」になったわけで、「あの感動を再び!」とは簡単に言えない。
優勝への道のりは2006年以上に厳しい。
まずは第一ラウンド、強い韓国・台湾とどう戦うか!?



参照記事:
WBC #1』『WBC #2』『WBC #3』(←あのアメリカ戦、怒りのレポート!)『WBC #4』『WBC #5』『WBC #6』『WBC #7』『WBC #8
[PR]
by romeotapping | 2009-02-20 01:19

ゴブリン

昨日の記事で『腐女子』というワードを出したので・・・

こないだ、3週間位前かな?
草野キッドを見てたら中野腐女子シスターズがゲストだった。
彼女達について、その名前と昔スザンヌがいたくらいの情報しか知らんけどとにかくそれぞれの持ちネタを披露していた。

昨日のような「BL好き」という意味での腐女子ではないのか。
「マニアックな女」みたいな感じ?

その中で興味深いネタを展開していた女子が一人。
「妖精に詳しい」ということで妖精談義を始めたのだ。
「日常にある不思議な現象は全て妖精のせいです」とか言い出して、妖精を紹介してはみんなが笑う。

ただ、ゴブリンの紹介の時だけは俺もその存在を強く信じたね。


妖精マニアの腐女子
「みなさんは物が無くなって探したのにどこにも見当たらなくて結局最初に探した所で見つかった、なんてことありませんか?あれはゴブリンの仕業なんです♪ゴブリンはイタズラ好きで物を隠しちゃうんです。でもそのうち罪悪感を感じて元に戻すんですよ」


ほほう。

ゴブリンの仕業だったのか・・・emoticon-0125-mmm.gif

俺が日常よく使う物でこのケースが起こるのは、3位:各種リモコン、2位:文庫本。

そしてダントツの1位はピック!
これはギターやベースを始め、ピックを使う楽器をやってる人は解るでしょう。


ピックをポロッと落っことして見失う

足元を探す

見つからない

身を屈めて探す

見つからない

ちょっと本気で探し出す

全く見つからない


もう絶対この世から消えてるでしょ、くらいの失望感に襲われる。
そんで数日後、忘れた頃に余裕の顔してコロッと出てくる。

アレだよ。

ゴブリンの仕業なんだよ。

まあリモコンと文庫本に関しては無造作に置いてしまう自分に責任があるけどさ。

ピックは絶対ゴブリンだよ。
[PR]
by romeotapping | 2009-02-15 23:03

天地人 #2

俺はよく知んないけど、モデルになってる物語があって「BL好きな人が見るドラマ」とかいう『天地人』。
だからといって見るのをやめると便所の落書きに負けたような気がするので見続けているが...。

そもそも俺の中で楽しみにしているポイントはそんなしょーもないことではなく、常盤貴子の年上プレイにグッときてるところだ。
ある意味、俺の方がもっとしょーもないemoticon-0133-wait.gif

まあ男からしてみれば当然『腐女子』的な部分は理解できない領域なので『草食男子&肉食女子の増加』の観点から見ていた訳だ。
おとなしかったり、自己主張が少なかったり、「静」の草食男子とその逆、「動」の肉食女子。
そういうカップルのデートだともちろん女子主導でグイグイ引っ張っていく。
俺も若かりし頃から草食なので『天地人』を見てるとシンパシーを感じて笑えるのだ。


今年のバレンタインは「男からあげるチョコ」の提案がよく見受けられる。
元々、男女関係なく感謝してる人にチョコをあげるものだということを考えればおかしくもなんともないが、やはりここでも草食男子を思い浮かべてしまう。
もしくは、はるな愛や椿姫彩菜に影響を受けたカミングアウトしたいそっち系の人向けか。

男がチョコをあげると『ホワイトデー』のお返しはあるんだろうか?
[PR]
by romeotapping | 2009-02-14 22:17

'09.2.11 オーストラリア戦(H)

2010W杯最終予選
<日本 0-0 オーストラリア>



「好機」と「決定機」を区別するとしたら、今日の試合は好機はいっぱいあったけど決定機に至ったものが少なかったってところかね。
勝ち狙いの引き分けか、引き分けを見越しての試合運びか。
本戦に出場することだけ考えて予選全体を見れば確かに引き分けでも問題は無いんだけど・・・ま、いっか。

最初の4試合で2勝2分で勝点8。
まあ残り4試合も同じように勝点8取ったとしたら確実に予選通過はできる。


3/28 バーレーン(H)

6/6 ウズベキスタン(A)

6/10 カタール(H)

6/17 オーストラリア(A)


ずっと前にも書いたけど、最後のオーストラリア戦までに予選通過を決めておき、最後は1位決定戦の形に持っていくのが理想。
ただ、最初の4試合はあまりに想定内で進みすぎてる。
「何が起こるかわからない」というサッカー常套句を考えれば、残り4試合は波瀾の展開もアリ!?



W杯常連の欧州・南米の強豪チームは、たとえ予選やグループリーグで本調子じゃなくても決勝トーナメントに上がればしっかりチームの成熟度を上げてきて「やっぱり強い!」という戦い方をしたりする。(そのまま優勝しちゃったり)
そういう時必ず結果論的に「ピークをどこに持ってくるか?」という話になる。

これが中堅国なら「ピークをどこに持ってくるか?」ではなく、「ピークはどこだったのか?」に変わる。
最終予選だったのか、グループリーグだったのか。

ドイツW杯終了後、「日本は大会直前のドイツ戦がピークだったのでは!?」という記事が見受けられた。

はたして今回のピークはどこに?
[PR]
by romeotapping | 2009-02-12 00:21

「狩野ドッキリ自作曲、10万DL突破」

先日のロンハーでオシリーナどっきりの時に引き続き、狩野英孝奇跡のオリジナル曲が生み出された。

ネタや曲のDLとか全く興味無い俺でもアレはちょっと欲しいと思ったね。
特に『Perfect Love』。

♪いとーしさと せつーなさを かねそなーえてる・・・男子!

どっかからパクってきたような歌詞とメロディの組み合わせで、あの絶妙なダサさ。
最高だよ。
このフレーズ、まだ頭から離れないもん。

そして『インドの牛乳屋さん』。

あの衝撃は初めてヴァイパーを聴いた時に似ている。
ブラジルのメタルバンド、ヴァイパーの『シアター・オブ・フェイト』('91年発表)というアルバムは俺の中で最強の一枚であり、いまだにこれを超える衝撃度を持つアルバムは出てきていない。
無茶な曲展開で初めて聴いた時、「何!?この曲!?」となるが、慣れてくるとその無茶な展開が快感に変わってくるのだ。
『インドの牛乳屋さん』はまさにヴァイパーだね。
プログレッシヴだよ。



これを機にダサ曲ムーヴメントが起こるか!?

俺、結構好きだからね、冠二郎の『炎』とか。

♪ア、アイ、アイライク演歌〜emoticon-0102-bigsmile.gif
[PR]
by romeotapping | 2009-02-06 22:36

road to wedding #1

2ヶ月を切ったビッグイベント。MR結婚式。3.28。
無論、夏組も水面下で動き出しており、各メンバー少しずつ準備作業をこなし始めている。
この準備期間から当日までの軌跡(奇跡)をBLOGに記録しておけば、後に一大叙事詩を完成させる時にきっと役立つハズ。



<スピーチは誰がやるの?>


MR夫妻が結婚式二次会会場で打ち合わせを行うということで数名同行。

『ヨーロピアンクラブ バゲーラ』

会場に入るとまず、飾られているアヌビス神の像に目がいく。
ステージにはミラーボール。

ヨーロピアン・・・アヌビス神・・・ミラーボール・・・バゲーラ・・・

なぜか全てMRっぽい。
ここはMRから選ばれるべくして選ばれたのか、はたまたバゲーラの方がMRを呼んだのか。
ともかく両者は運命によって引き合わされたのだ。


この日は見学の要素が強く、ステージ・楽屋チェックや入り時間の打ち合わせなどで終了。
居酒屋へ向かい、打ち上げる。

MRの奥さんYりんがいる時は皆、MRイジリを(自然と)控えめにしていた。
最近はMRと共にYりんがいることがごく普通であり、周りにも馴染んでいるので気を使うのを忘れ、いつものMRイジリをしてしまう。
馴染んでるからこそ、と考えれば悪いことだとは思わないが、物事は慣れ始めた時が一番ミスを犯しやすい。
人間関係も、慣れてきたからといって急に地を出して調子づくと良くない場合が多い。
気をつけねば。


披露宴の友人スピーチの話題に。

誰にするか?MRがその時点で考えていたというのが、「一緒にやってきたギタリスト3人。幹部、Yamada、K」。
それを聞いた瞬間、俺は自分を含めるのが危険であることを告げた。

大事なスピーチを滑舌の悪い人間がやるのは聞き苦しい、と。
私は自分のことを客観的に見れるんです。あなたとは違うんです、と。

まあ去年のネタはイイとして、考え直すことを奨めたのだ。


そもそも俺は、とある作業をMR夫妻から頼まれた時、

「他にも、俺達にできることあったら何でも言ってよー(^^)v」

メールでそう送り、協力体勢を見せていた。

しかし、

スピーチ依頼、速攻拒否

おそらくMRも心の中で大いにツッコンだことだろう。


光栄なことだが俺がスピーチをやれば滑舌が悪くて聞き苦しいだけでなく、真面目な内容を話してるのに「うさん臭く」なってしまいそうだ。
仮に文面をシミュレーションしてみる。



「ただいまご紹介にあずかりましたK.Romeotappingと申します。MR君、Yさん、本日はおめでとうございます。そして御両家の皆様・・・(中略)

新郎のMR君と私とは大学の軽音楽部で知り合いました。彼の担当する楽器はベースでありまして、えー、初めて彼のプレイを見た時、本当に驚いたのを憶えています。なんていうんでしょうか・・・卓越した演奏技術、幅広い音楽性、強靱なリズム感、そしてこの...イイ顔。軽音楽部はかなり多くの部員がいたんですけれども、その中で彼は常にアイドル的存在でした。OBとなってから今現在まで長くバンドを組むことになりまして・・・(夏組&Yりんエピソード)

本日は本当におめでとうございました。お二人のお幸せを心からお祈り申し上げております」





・・・俺はやめた方がイイ。
[PR]
by romeotapping | 2009-02-04 23:36

やっぱ応援すると熱さ倍増! #2

第43回スーパーボウル
<スティーラーズ 27-23 カージナルズ>


いやー、凄かった。
この「逆転劇発生の可能性が高い」ところもアメフトの面白さの一つなんだろうね。
先日の記事に書いたようにカージナルスのパス攻撃を期待して観てたけど逆転後に再逆転されて敗退。

見所だったフィッツジェラルドにパスが通ったのが第2クォーター終盤。
これから!と思った矢先に恐怖の100ヤード・インターセプトリターンタッチダウンを喰らう!(だんだん用語を憶えてきたでしょ?emoticon-0100-smile.gif
なんというっ!

スティーラーズリードで試合が進むが、第4クウォーターにフィッツジェラルドへパスが通り始める。
これが観たかったんだよ♪
そしてついに逆転!このまま逃げ切れるのか!?

するとスティーラーズが残り時間35秒というところでギリギリのタッチダウンパスを通し、再び逆転!
なんというっ!アゲイン!


去年はひいきめに見ていたチームが勝ったけど、今年は敗北。
なんか悔しいね。
でも一番悔しいのは試合観戦前にヤフトピで結果が目に入っちゃったことだけどねemoticon-0106-crying.gif



「スーパーボウル、スティーラーズが勝利!」



アレ、ホントどうにかしてくれよ・・・。
[PR]
by romeotapping | 2009-02-04 00:28

ファミリーの強化

祝!
M松家長男誕生!


夏組ファミリーにとっては本部家のmidsummer-Manatsuに次いで二人目であり、みんなの愛情独占市場だったManatsuに弟分ができたことになります。

本部家が早速病院に赤ちゃんを見に行くということで、おかみさんからお誘いを受けたのですが微妙に鼻声でたまーに咳が出るので今日は断念。
その代わりMR結婚式二次会会場見学会に行ってきました。

Shin-Yokohamaに集合。
赤ちゃんツアー帰りの本部家も含め、総勢7名。
アリーナで行われるモー娘。コンサート客に紛れ、ドヤドヤと店に向かう。

えーと、店名は・・・Bagheera・・・バゲーラ。

この店名のクドさとMRのコラボレーションでじんわり笑いが込み上げてきた一同であった。

元々ショーパブをパーティースペースに改装した店であり、ミラーボールやストリップ劇場にあるようなポールの名残も天井に見受けられる。(ポールはオプションとして取付可)
軽めに担当者と打ち合わせをし、会場を後にする。



夏組10周年。
M松家長男誕生といい、MR結婚といい、徐々に夏組ファミリーが強化されている2009年。
[PR]
by romeotapping | 2009-02-01 22:44