管理人Kの雑記


by romeotapping

プロフィールを見る
画像一覧

コメント投稿時は任意の削除用パスワードを入力してください。(1文字でも何でも、好きなパスワードでOK)


HP
夏組まにあくす

Kの投稿動画集
maniacs video

ギター動画はこちら↓
maniacs video G

以前の記事

2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
ライブ・バンド

画像一覧

<   2006年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

現地では・・・

トリノ五輪がまだ中盤、日本がメダルを一個も取れてなくてイマイチ盛り上がってなかった頃、世界を渡り歩く友達から(日本の友人向けに)「オリンピック盛り上がってますか?」というメールが届いた。

イタリアに入ったらしく、ミラノやトリノにいたそうな。
沸き返っていると思われるトリノ(というかイタリア)は、予想に反して全然盛り上がってないとのこと。
工事も全然終わってなくて、五輪が終わっても工事してるんじゃないか?くらいの状況なんだって。

まあ日本の事を報告するとすれば、

「最後だけ爆発的に盛り上がったよ」

って感じかな。
[PR]
by romeotapping | 2006-02-27 23:46

トゥーランドット

俺のCD棚にはオペラ(歌劇)の類いのものは一つもない。
モーツァルトの『魔笛』『後宮からの逃走』など、印象的なパート(幕、場)をフィーチャーしてCDに入れられているのを聴いたりはするけど。

2、3枚組とかになってる長ーいオペラのCDがよくあるけど、どうも聴く気になれないんだよな。
やっぱああいうのって劇場に行って視覚的に捉えつつ聴くものだしねぇ。


そこで『トゥーランドット』

俺が持ってるのは”ギター仙”ウリ・ロートがアレンジした「ブリッジ・トゥ・ヘヴン」という、隠れに隠れた名曲。
これも素晴しいが本物も聴いてみたくなり、ちょっくらTSUTAYAに行ってきた。
今までオペラCDを敬遠してきたが、イイ機会なので対峙してみよう。

さて、荒川選手を取り巻くキーワードで強烈なインパクトを残した『クール・ビューティ』『イナ・バウアー』だが、この曲名も次くらいにランクされるのでは?
誰かしら食い付いて、レンタル屋さんではもう借りられちゃってたりして・・・

やっぱり無かった・・・

でもプッチーニのオペラ・アリア集というおいしいトコ取りのCDがあり、その中にはミキティが使用した『蝶々夫人』などが入っていて、ひっそりとお目当ての『トゥーランドット』収録。
フフフ、よし!
(結局ベスト盤に落ち着くという)

ふーん、あの印象的なパートの邦題は「だれも寝てはならぬ!」だって。
俺の心の叫びか!?

タイトルはいいとして、実際聴いてみると3分15秒と短く、最後にぐわっと盛り上がるくらいであっさり終了。
ただ、モチーフとしては最高なのでよく用いられるんだろうな。
他にも「ああ、これね!」っていうのが何曲かあったもん。

HR/HM畑のアーティストってクラシックをモチーフに使うの大好きだからねぇ。
[PR]
by romeotapping | 2006-02-26 23:11

熱燗やらワインやら

久々に飲んだら頭痛が・・・

いまだに取れない。
[PR]
by romeotapping | 2006-02-25 23:58

トリノ五輪『女子フィギュア』

いやー、スゴイねぇ。

特に見るつもりはなかったんだけど、トイレに行きたくなって目覚めたら丁度ミキティが終わった後ぐらいだったのでそのまま見ることに。


荒川選手の使っていた『トゥーランドット』はホントに感動的な曲で、俺はスゴイ好きなんだよね。
開会式でパバロッティが熱唱していたのもジーンとしながら聴いてたもん。
サビの部分なんて涙出てくる。

その後に「荒川選手もこの曲を使う」と聞いてちょっと楽しみだった。
本人も「(開会式にも使われて)運命を感じる」と言ってたそうだ。

演技共々、素晴しかったです。
[PR]
by romeotapping | 2006-02-24 07:49

写真

こないだ横浜で3人の外国人ギャルズに「シャシン、トッテモラエマスカ?」と頼まれたので、快く撮ってあげた。
彼女達のお国は分からないが、とにかく観光客で「ヨコハマ、ハジメテナンデス♪」と、テンション高めに俺を取り巻いた。

デジカメを渡されてポーズを取る3人を目の前にし、いざ撮るにあたってふと疑問に思った。
(シャッター押す時になんて言えばイイのかな・・・英語で何だっけ?)

まあいいや!ここは日本だ。
でも昭和っぽく「1たす1は?」とか言っても分かる訳ないし。
しょうがない、定番の「ハイ、チーズ!」で行こう!


K「それじゃいきまーす、ハイ、チー・・・」

ギャルズ「Cheese!!!(パシャッ)」



3人はとってもナイスな発音で俺のカタカナ英語をかき消した。
そうかそうか、「Cheese」でイイんだね。

もう一枚頼まれたので今度は俺も対抗して英語っぽい発音で、


K「Cheese!」

ギャルズ「・・・(パシャッ)」



おいおいおい!何で無言なんだよっ!
せっかく英語っぽく言ったのに、恥ずかしいよっ!

まあそんなお茶目な彼女達だったがすごく喜んでくれて「Thank you!」「アリガトウ!」と言い、お礼にチューしてくれた。(一部妄想)


家に帰って辞書で調べると、写真を撮る人が言うセリフは
「Say, cheese!」
だそうな。

次は任せとけ。
[PR]
by romeotapping | 2006-02-22 23:20

タレント本

c0064381_21351128.jpg

ワイドショー気取りじゃないけど、ちょっと興味があったんで。

『大きなビートの木の下で』も押し入れから引っ張り出して、合わせて読んだりね。


ヒムロックには絶対考えられない本だな。
(新曲もナンダカンダいってカッコイイ)
[PR]
by romeotapping | 2006-02-20 22:00

ギターの話 #14

(コンプをかじり始めて・・・)

ギターにかけるコンプは今まで使い方がよく分からなかったとはいえ、まったく使ってなかった訳ではなく、音のイメージもあるのでわりと簡単にイイ感じの手応えがあった。
カッティングに適した設定、アルペジオ用のセッティング、そしてその間をとったもの、などなど。
色々な情報を元にやってみました。

ただ、やはりトータル・コンプはそんな情報を参考にしても難しい。
まあこれをあっさり使えてしまったらこの世にサウンドエンジニアなんて要らないけど。
それにマスタリングの処理をする前のレコーディング&ミキシングも計画的にやる必要があり、単に最終行程だけしっかりやれば良いというものでもない。

難しいけどほんのちょっと音圧を稼げるようになってきたのでおもしろい!
[PR]
by romeotapping | 2006-02-19 22:26

ギターの話 #13

エフェクターのひとつ、コンプレッサーの使い方でも知っておこうかな、と思い立った。
必要不可欠なものであることは分かっているのだが使い方が難しくて、今までずーーっと見て見ぬふりをしてきた。

俺の使ってるマルチに入ってるコンプは(たぶん)気休め程度のものなのであえてオフにしてたりする。
MTRで宅録する時とかはいつも適当にセッティング。

何で使おうと思ったか?というとクリーントーンの音にイマイチ自信が無いから。
コーラスとディレイだけかけてるんだけど弾き方とセッティングが悪いせいか「ピーン」っていう貧相な音になっちゃうんだよね。
だから最近は完全なクリーンの音は出しておらず、クランチのボリュームをしぼってちょっと「ジャリーン」とさせて弾いている。

まあそれでもいいんだけどさ。
よくある「パッコーン」って音を出したいじゃん?


それともうひとつ。
レコーディング&ミキシングしたものをマスタリングする時に使うトータル・コンプも使いこなしたい!
・・・が、これはさらに使い方が難しく、素人がパッと使えるものではない。
たとえ使えたとしても安価なMTRのコンプでは仕上がり具合にかなり限界があるらしい。


とりあえず原点に立ち返ってコンプレッサーの仕組みからおさらいだ。
[PR]
by romeotapping | 2006-02-17 22:52

激辛対決 #4

最近、辛いものをよく食べる。
今日の夕食もキムチ鍋だった。
激辛リポートはブログにも書いているが、そのあとどうなったか?という後日談には触れていない。
オチとしては「お腹が痛くなった」というのが定番・・・でも全然体調の異変はないんだよね。
まあそもそも俺がお腹痛くなるのは油っこいものとかニンニクなんだけど。

なんにもないと逆に恐い気もする。
あの爆発的な激辛エネルギーはどこにいってしまっているのか?
刺激物は心臓や眼によくないしねぇ。
[PR]
by romeotapping | 2006-02-16 23:14

トリノ五輪『チームパシュート』

新競技でおもしろいのを見つけた。

スピードスケート:チームパシュート

c0064381_2211529.jpg画像検索したけど、良いのが無いので無理矢理携帯でTVを撮りました

c0064381_221262.jpg

1チーム3人がトラックを同時に滑り、最後にゴールした人のタイムが記録となる。
スタート時、反対側にもう1チームが配置されて2チームの対決。
トーナメントによる勝ち抜き戦だそうだ。

空気抵抗を少なくする為に3人が一直線に並び、同じ足の運び&手の振りをする。
この順番は自由に変ってよくて、体が触れあってもいいし、押してもいいし、引っ張ってもいい。

やはり一番先頭を滑る人は体力の消耗が激しいのでコーナーで巧みに順番の入れ替えをする。
どうやらここが勝負の決め手であり、見どころらしい。
国によって全然入れ替わり方が違う。
いかにも初めての競技って感じだ。
これからどんどん研究されていくのだろう。

一見、最後尾の人が空気抵抗が少なくて楽そうだが、実は後ろに引っ張られる空気抵抗というのも強いので真ん中が一番消耗が少ないとのこと。


地味なんだけど目新しいから結構おもしろいよ♪
話題になりそうな気がするんだけど。
[PR]
by romeotapping | 2006-02-16 02:57